診療内容

一般診療では内科、外科、循環器科、皮膚病、眼科、歯科、腎泌尿器科などの各臓器・部位の総合的な診療から、フィラリア・狂犬病などのワクチンによる予防接種や、各種検査、避妊・去勢手術・産科など幅広い診察や手術を行っております。

夜間救急・夜間往診

当院では予約制にて夜間の診療を行っております。
夜間、ペットの具合が急に悪くなった場合には下記電話番号にご連絡のうえご来院ください。
夜間は犬猫のみの対応としております。うさぎ、ハムスター、フェレットは対応しておりません。ご了承ください。

予約手順

①5コール程の後に留守番電話につながります

②メッセージの後に
 ・お名前(診察券がある方は診察券番号、初診の方は初診と伝えて下さい)
 ・ペットの情報(動物種、年齢、性別、避妊去勢の有無など)
 ・どのような症状か(吐きつづけている、立ち上がれずぐったりしているなど)
 ・連絡先電話番号
 以上をお話ください。

③夜間獣医師から折り返しお電話いたします。


当院は夜間専門病院ではございませんが、救急診療の経験を生かしてペットたちの夜間急変時に対応し、地域医療に貢献していきたいと考えております。
本来は昼間の診察かつ獣医師一人で夜間の病院業務に携わっておりますので、可能な限り対応致しますが、必ずしも飼い主様からのご連絡に対応できない場合もありご迷惑をおかけすることもあります。
その際は、他の夜間対応病院へお電話お願い致します。
何卒ご了承ください。
※緊急対応ですので夜間のご相談のみのお電話はご遠慮ください。
なお、診察にはあらかじめ時間外料金(3000円〜時間によります)が発生いたします。

往診によるペットケア

「高齢の飼い主さま、高齢のペットたちに出来ること」を考え、当院では高齢の飼い主さまの代わりに散歩を行う出張ケア、高齢・重病などにより寝たきりの動物たちへのターミナルケア(終末期医療)をサポートしております。
近年、ペットにも高齢化や病気・介護の問題が浮上しています。
加齢や病気などの要件が重なってもペットとヒトの生活が豊かであるよう、QOL(生活の質)の改善・向上ができるようお手伝いさせていただきます。いずれもお問い合わせください。

しつけ教室

しつけはヒトの都合でヒトが困るからしつけるものではありません。ヒトの都合を押し付けては、ワンちゃんも困ってしまいます。「犬がヒトの世界で共存し、ヒトも犬もお互いが幸せになるために必要なルール」としてしつけが必要と考えております。
当院には資格を持った犬の訓練士が在籍しております。ヒトの都合だけでなく、犬の将来と幸せまで見据えたしつけ・訓練を念頭に置いたしつけ教室を開催しております。
直接の問題行動だけでなく、これからペットの飼育を検討している方にも、犬の成長のあらゆる時期に対応したソーシャルトレーニングをレクチャー致します。マンツーマンでの出張しつけ教室も行っておりますのでぜひご相談ください。
ワンちゃんだけでなく、オーナー様も大切な愛犬のために出来ることはたくさんあります。犬とヒト、相互に信頼関係があってこそ、はじめて「しつけ」が完成されると信じています。