去勢避妊手術

手術可能な時期

ワンちゃん

6カ月の予防接種が済んだ健康なときを選びます(発情期中と出産後2カ月は避けます)。発育によって前後し、小さいと1年くらいまで待つこともあります。

ネコちゃん

通常6カ月以降の体重2.5kg以上の予防接種、ノミダニ予防の済んでいる健康なときにします。

  • 男の子…睾丸の摘出
  • 女の子…子宮と卵巣の摘出

費用

オス猫
メス猫
オス犬 10kg以下
10~20kg
20~30kg
メス犬 10kg以下
10~20kg
20~30kg

この金額には手術料+麻酔料+抗生物質注射+抗生物質内服+当日翌日入院費が含まれます。
そのほか、再診料、手術部位をなめる場合には防御のカラーの費用が別途かかります。
手術は全身麻酔で行い、若くても血液検査、レントゲンの術後検査をおすすめしています。

手術後の入院

通常は当日の夜には退院できます。

子宮に胎児がいた場合、麻酔の醒めが悪い場合、帰宅後飼い主さまが世話できない場合は、入院が続くことがあります。

当日の準備

予めお電話でご予約ください。

9:00~9:30の間に、
前日と当日の食餌と水を与えず連れて来てください。
絶食がどうしても無理な場合は、前日からの入院になります。

お迎えについて

翌日のお迎えになります。

退院後の管理

5日間の服薬が必要です。

1日2回5日間、抗生物質を与えてください。2週間後の抜糸まで来院の必要はありませんが、なめるなどして糸を抜いてしまったときは、連れて来てください。

手術のメリット

繫殖をお考えかどうかが決め手です。統計的にみて手術をしたほうが長生きします。

メス 発情と生理がなくなり、妊娠しません。子宮や卵巣の病気になりません。
発情期の鳴き声がなくなります。
オス メスと同じく、縄張りが狭くなります。

猫ですと個体差はありますが3割ほどはケンカをしなくなります。同じく夜鳴き、スプレー(おしっこをかけて縄張りを主張する)行為も3割がなくなります。
オス犬:メス犬のマウント(飼い主さまの足に腰を振る)はほとんど治りませんが、睾丸腫瘍がなくなり、前立腺肥大、肛門腺腫瘍、会陰ヘルニアの発生率が減少します。

  • スタッフブログ
    • アニコム損保
    • アイペット損保
  • スタッフブログ
  • アニコム損保
  • アイペット損保
WEB予約 待ち人数確認診療受付