ネコちゃんの症状

嘔吐

一日に数回となれば、胃腸炎や膵炎の疑いも逃せません。しかし、毛づくろいのために飲み込んだ毛を吐き出したり、未消化の固いものを吐き出したりと、猫独特の生理的な嘔吐もあります。

痙攣

感染症や腎臓炎、心臓疾患などが考えられます。よくあることではないので、早急に診療を受けさせてください。

目やにがひどい

ネコ風邪と呼ばれる風邪に多い症状です。年齢や栄養状態によりますが、きちんと治したほうがよいでしょう。

体を掻く

ノミの繫殖や、アレルギー性の皮膚炎、細菌性の皮膚炎の主な症状です。駆虫剤の使用、食物への注意などが大切です。

歩き方がおかしい、よろける

変形性関節炎、心臓、腎臓の病気が考えられます。特に、腎臓はネコが一番よく使う臓器で、命を落とす原因になる病になりやすいです。歩き方のほか食欲や尿の量なども観察し、専門機関へご相談ください。

下痢をする・血便がでる

胃腸炎、食物由来の消化不良のほかに、感染性リンパ炎など、ネコ特有の病気の場合があります。特に血便は専門機関への相談をおすすめします。

咳が出る

喘息やフィラリアの疑いがあります。ほかへの感染もありますので早く専門機関へ行きましょう。気管の炎症の可能性もあります。

痩せた

甲状腺の異常、腎炎、内臓腫瘍などが考えられます。猫は食欲の減退が、健康が損なわれたことのバロメータです。食餌の量など日頃から注意して観察してください。

  • スタッフブログ
    • アニコム損保
    • アイペット損保
  • スタッフブログ
  • アニコム損保
  • アイペット損保
WEB予約 待ち人数確認診療受付